インプラント治療は、3ステップ

典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。
ですが、気に留めておくべきポイントがあります。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと考えてはいけません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。
残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。
確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
続きはこちら⇒効果的な上安いホワイトニング

インプラント前のチェック事項

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。
さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。
自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。
管理人のお世話になってるサイト>>>>>歯科医でなく安い歯磨き粉を使ってホワイトニング