インプラントのメリット

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。
義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。
虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。
それは本当のことではありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。
これはなぜでしょうか。
一つには、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。
そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒おすすめのヤニ取り用の歯磨き粉